Welcome to the satellite Phobos このページをアンテナに追加 RSSフィード

関連サイト [MARS] [DEIMOS] [bookmark]
カテゴリー [フランス語] [ロシア語] [アラビア語] [韓国語] [中国語] [タイ語] [インドネシア語] [ルーマニア語]
カテゴリー [自炊] [銭] [code] [他] [昔] [今]
 | 

2011-06-05いまさらだがメモを書いてみる

[] 原子力発電所事故 メモ1  原子力発電所事故 メモ1 - Welcome to the satellite Phobos を含むブックマーク はてなブックマーク -  原子力発電所事故 メモ1 - Welcome to the satellite Phobos

チェックポイント

  • 原子炉は停止しているか(臨界停止)
  • 原子炉が停止して臨界が止まっても、崩壊熱は激しく出続ける
  • 全て冷温停止(cold shutdown)しているか
  • 冷却系は動いているか(原子炉、使用済み燃料棒プール*1、共用プール*2

冷却に失敗して燃料棒が干上がると

  • 水蒸気が被覆管(cladding)のジルコニウムで還元されて水素発生 → 水素爆発
  • 被覆管が壊れて、燃料ペレットがぽろぽろ落ちる*3
  • 2800℃を超えると燃料棒が溶ける(メルトダウン)
  • 制御棒の差込口付近は、溶接が弱い
  • 放射能漏れ ヨウ素131、セシウム137、セシウム134

半減期とγ線のスペクトル

http://www.csupomona.edu/~pbsiegel/bio431/genergies.html

収率崩壊半減期γ線 エネルギー
Cs-13499.9997 %Ba-134β-2.0648 y604.7 keV (97.6%) + 795.85 keV (85.4%)
0.0003 %Xe-134ε*42.0648 y847 keV
Cs-13794.6 %Ba-137β-30.17 y662 keV (85%)
5.4 %Ba-137β-30.17 y放出無し
I-13189.9 %Xe-131β-8.02 d364.48 keV (81.2%)

Cs-137 拡散シミュレーション

IRSN (Institute de Radioprotection et de Sûreté Nucléaire) フランス放射線防護原子力安全研究所

2011年3/12-3/20の間に放出されたCs-137の量を推定、気象データを元に計算。神風が吹いた。

SPEEDI

文部科学省は、計算したけど結果を隠したのでもう当てにしない。

*1:SFP : spent fuel pool

*2:common spent fuel pool

*3:軽水炉では濃縮度3%あたりと低く、いくら堆積してもウランは再臨界しない。東海村JCO臨界事故は18.8%。ウランは再臨界しないが、プルトニウムは・・・

*4:電子捕獲

 | 
2000 | 05 | 08 | 10 |
2001 | 01 | 03 | 05 | 08 | 10 |
2004 | 07 | 10 | 12 |
2005 | 02 | 06 | 07 | 10 |
2006 | 02 | 03 | 09 |
2007 | 06 | 11 |
2008 | 04 | 09 | 10 | 12 |
2009 | 01 | 04 |
2010 | 08 |
2011 | 06 |
2012 | 04 |